2010年03月22日

病院・福祉施設給食受託 担当:水晶

病院・福祉施設給食受託

CSRランキング 2009

エームサービス   ☆
シダックス     ☆
富士産業      ☆
レオックジャパン  星なし
日清医療食品    星なし


参考:
ワタキューセイモア  星なし
(日清医療食品の親会社)

 市場占有率(2008年) 
1.日清医療食品 29.9%
2.エームサービス 9.4%
3.富士産業    9.4%
4.シダックス   5.2%
5.レオックジャパン 4.3%


・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

日清医療食品  星なし

1.CSRリポート なし

2.CSRリポート前年度 なし

3.GRI対照表 なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善  なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得    なし

10.ISO26000の取得   記載なし


参考:
1972年創業。

製綿業から始まり、
病院・福祉施設向けリネンサプライ事業を中心に
事業拡大をはかってきた
ワタキューセイモア鰍フ子会社。
ちなみに、
日清食品や日清製粉グループ本社とは関連は無い。


担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関して
CSRに関する記事は、企業ビジョンに
「・・・社会的責任を果たす企業となることを
目指して参りました」と記載があるが、
具体的な取り組みについてはなにも書かれていない。

2.昨年のCSRリポートに関しては
特になし。

3.GRI対照表については
特になし。

4.第三者機関のコメントについては
特になし。

5.自社への批判については
特になし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては
特になし。

7.CO2削減については
地球温暖化については、何も記載がない。

8.グローバルコンパクトについては
特になし。

9.ISO14001については
取得を期待する。

10.ISO26000については
特になし。

11.その他
業界トップシェアの企業としては
情報が充実しておらず、残念である。
CSRへの取り組みにおいても
業界をリードしていって欲しい。

2008年、米穀販売会社の三笠フーズが
食用として不正に転売していた
事故米が混入していた米を、
購入・使用していた事件が発生した。
また同年、丸大食品から
メラミン混入の疑いのある製品を購入して、
給食のデザートに提供していた事件もある。
自社が間接的に被ったこれらの事件に対し、
様々な対応を取っていることと思うが、
どう対応し、事業運営に反映させたかなど、
もっと説明があっても良いのではと感じた。


参考:
ワタキューセイモア
(日清医療食品の親会社)  星なし

1.CSRリポート なし

2.CSRリポート前年度 なし

3.GRI対照表 なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善  なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得    なし

10.ISO26000の取得   記載なし


担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては
CSRの取り組みについては、何も書かれていない。

2.昨年のCSRリポートに関しては
特になし。

3.GRI対照表については
特になし。

4.第三者機関のコメントについては
特になし。

5.自社への批判については
特になし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては
特になし。

7.CO2削減については
環境への取り組みについても、記載なし。

8.グローバルコンパクトについては
特になし。

9.ISO14001については
認証取得を目指して欲しい。

10.ISO26000については
特になし。

11.その他
非上場会社とはいえ、
社会に与える影響力の大きさを考えると、
現状では説明責任を果たしているとは言い難い。
CSRへの取り組みに、一層力を注いで欲しい。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


エームサービス ☆

1.CSRリポート なし

2.CSRリポート前年度 なし

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加   なし

9.ISO14001の取得  あり☆
本社を含め、
29か所の事業部・営業部で取得あり。

10.ISO26000の取得 記載なし


参考:
1976年創業。
三井グループと米国アラマーク社の合弁の
給食事業会社として設立。
フードサービス業を基軸として、
グループでさまざまな事業展開をしている。


担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては
報告書は無いが、HP内に
「CSR活動」のページがあり、
ステイクホルダーごとに内容を分けて
積極的に取り組みを発信している。
http://www.aimservices.co.jp/csr/index.html

2.昨年のCSRリポートに関しては
特になし。

3.GRI対照表については
特になし。

4.第三者機関のコメントについては
特になし。

5.自社への批判については
特になし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては
特になし。

7.CO2削減については
ISO14001の取得や、
チームマイナス6%への参加など
取り組みの紹介はいくつかあるが、
自社排出量についての具体的な説明はなし。

8.グローバルコンパクトについては
特になし。

9.ISO14001については
本社部門から全事業部・営業所まで拡大した
認証取得を評価したい。

10.ISO26000については
特になし。

11.その他
障がい者雇用に力を入れており、
厚労省がまとめた
2008年における障がい者雇用ランキングでは
ユニクロの8.06%に次ぐ5.67%で第2位。
給食事業では初となる特例子会社を
2004年に設立しており、
こうした取り組みを非常に高く評価したい。

(この事業におけるランキング他社と比較して)
開示されている情報も充実しているので、
定量的な情報を加えて、
年度の報告をまとめるとともに、
今後も一層の情報開示をすすめて欲しい。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


富士産業 ☆

1.CSRリポート なし

2.CSRリポート前年度 なし

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加  なし

9.ISO14001の取得    あり☆
本社にて取得あり。

10.ISO26000の取得   記載なし

参考:
1972年設立。
給食材料センターの開設から始まり、翌年から
病院給食事業に参入。
「医療・福祉事業における
食事サービスのパイオニア」を自称。


担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては
会社案内の中に「社会・環境への取り組み」の
ページがある。
http://www.fuji-i.com/about/info/csr/index.html
が、内容は「ISO14001の取得」
「チームマイナス6%への参加」「研究活動」と
さほど充実していない。

2.昨年のCSRリポートに関しては
特になし。

3.GRI対照表については
特になし。

4.第三者機関のコメントについては
特になし。

5.自社への批判については
特になし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては
特になし。

7.CO2削減については
ISO14001を取得しているのだから、
管理している定量的なデータを
もっと開示していただきたい。

8.グローバルコンパクトについては
特になし。

9.ISO14001については
認証取得を評価したい。

10.ISO26000については
特になし。

11.その他
「環境への取り組み」だけでなく
「安心の体制」のページにおいては
CSRを意識した記述がみられる。

CSRへの取り組みを積極的に
発信しようという姿勢は感じるため、
今後は、取り組み内容とデータの開示を
さらに充実させていって欲しい。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


シダックス ☆

1. CSRリポート なし

2.CSRリポート前年度 なし

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言 なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし

8.グローバルコンパクトに参加 なし

9.ISO14001の取得   あり☆
シダックス鰍ノて取得あり。

10.ISO26000の取得  記載なし


参考:
1959年創業。
シダックスは持ち株会社。
子会社のシダックス・コミュニティーが運営する
カラオケレストラン「SH@DAX」が有名だが、
もともとは給食事業運営会社として発足した。

同じく子会社で1965年に設立された
現・シダックスフードサービスが
フードサービス事業を中心に行う。


担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては
「環境保全活動」として数ページの取り組み紹介が
載せてあるが、年度の報告書の発行はない。
http://www.shidax.co.jp/safety/e-policy.html

2.昨年のCSRリポートに関しては
特になし。

3.GRI対照表については
特になし。

4.第三者機関のコメントについては
特になし。

5.自社への批判については
特になし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては
特になし。

7.CO2削減については
「一元物流によるCO2の削減」と、
自社の取り組み紹介はあるが、
排出量などのデータはない。
ISO14001の取得があるのだから、
管理データの開示を期待する。

8.グローバルコンパクトについては
特になし。

9.ISO14001については
さらなる取得拡大を期待する。

10.ISO26000については
特になし。

11.その他
環境保全に関する基本理念と行動方針を
定めている点は評価したい。
(今回のランキングではシダックスと
エームサービスのみ)
今後、環境への取り組みとともに
社会への取り組みも充実させ、
積極的に情報発信をすすめて欲しい。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


レオックジャパン 星なし

1. CSRリポート なし

2.CSRリポート前年度 なし

3.GRI対照表  なし

4.第三者機関のコメント なし

5.自社への批判・苦言  なし

6.上記の批判・苦言を翌年に改善 なし

7.1990年比でCO2削減6%以上 なし
「環境への取り組み」で
ごく簡単な取り組み概要が紹介されているのみ。
地球温暖化への言及は無い。
http://www.leoc-j.com/company/leoc/kankyou.html

8.グローバルコンパクトに参加 なし

9.ISO14001の取得   なし

10.ISO26000の取得  記載なし


参考:
2009年に新設された
鰹ャ野寺事務所を持ち株会社とし、
レオックジャパンは現在、中間持株会社である。

サッカークラブ横浜FCの
オフィシャルスポンサーでもある。


担当者の主観的記載

1.CSRリポートに関しては
特になし。

2.昨年のCSRリポートに関しては
特になし。

3.GRI対照表については
特になし。

4.第三者機関のコメントについては
特になし。

5.自社への批判については
特になし。

6.昨年の問題を今年達成したかについては
特になし。

7.CO2削減については
特になし。

8.グローバルコンパクトについては
特になし。

9.ISO14001については
特になし。

10.ISO26000については
特になし。

11.その他
親会社の小野寺事務所はHPがなく、
「レオックグループ」としてHPを作っているが
CSRへの取り組みに関するページはない。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

総評:
給食産業は、いろいろな側面で
もっとCSRをすすめるべき業種だと思うが、
ランキングのトップ企業における取り組みを見ても、
まだ発展途上であるのを感じた。

星ひとつの中では
HPの情報が充実していたエームサービスが1位。
環境方針を定め、「安心・安全」への取り組みも含めて
次に情報が充実していたシダックスを2位、
富士産業を3位としている。

他社を圧倒するシェアを誇る日清医療食品には、
CSRへの取り組みでも1位を目指して欲しい。

病院を選ぶときに
食事を提供する企業まで考慮することは難しいが、
どの企業が入っているのかぐらいは、
関心を持っていこうと思う。
エームサービスなら、安心である。

(担当:水晶、40歳、女性、NPO法人勤務)
posted by CSR2010 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36607093

この記事へのトラックバック